単価を高めるのか!数をこなすのか難しい問題ですね

高単価な案件をこなすには文章力と信頼性が必要

ライターの世界は文字単価により求められる文章力が大きく異なります。1文字単価3円以上がプロライターと呼ばれる世界の取材活動が必要な案件でしょう。内職として始めるには経験が必要なことから、これから始める人にとっては最終的な目標ですよね。ただし、案件をよく吟味すれば文字単価1円の仕事までは、工夫次第で安定して仕事を受けることが出来るようになります。プロジェクト形式で纏めて依頼される執筆作業が該当するでしょう。

単価が低い案件は線引きが大切

タスク案件と呼ばれる空き時間を利用してコツコツと執筆可能な仕事を行う際には、文字単価と共に1時間にこなせる量が重要となります。時給計算した時に最低賃金を下回るような案件は、普通にアルバイトに行った方が良いと考えられますよね。ルールが10個以上の案件は文字単価0.5円が時給1000円到達の目安となります。単価0.2円であればルール無しで何も見ずに1分100文字書ける仕事を行えば採算が取れるでしょう。仕事として行う以上は、商業ベースに乗る案件を自分で線引しておくと精神的に楽になります。

承認率は95%が目安

文字単価が1文字0.4円以下の仕事を行う際には、承認率95%が目安になります。5件記事を執筆して4件承認されるペースでは商業ベースに乗らないからです。記事を執筆する際には著作権譲渡が絡むので、採用されなかった記事の著作権は譲渡されません。余った記事はブログのネタにもなりますが、承認率80%ではネタが溜まり過ぎますよね。記事を募集している仕事は増えていますが、条件は随時変わっており人気がある仕事には応募が殺到するので、常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

記事作成とは、指定されたキーワードを使用してSEOに有効な文章を作成する仕事で、在宅でもできるのがメリットです。