ネットの中傷トラブルに逢ったら?!誹謗中傷の対策とは

匿名が理由でトラブルが多発しています

インターネットには、名前を隠して意見を書くことができるサービスが数多くあります。関心を寄せるジャンルについて話し合ったり、よく知っていることをインターネット上で披露するのは良いことですが、面白くない相手を誹謗中傷行うのは、礼儀作法の不当行為です。しかしながら、世間には礼儀作法を守らない人も見られます。そのような人間に狙い撃ちされると、インターネット上に最も大切な個人情報などを流されてしまうことがあるというのが戦慄を覚えるところです。

ネット犯罪の相談できる機関に相談しましょう

あらためていうまでもなく、個人的なインターネットブログであっても、相手方を罵ったりプライベート情報を晒すことは、不法行為になります。そういうふうなダメージを受けたのであれば、サイバー犯罪を扱っている受け付け窓口に、アドバイスを求めてみましょう。名誉毀損に相当するとして、教示を受けることが可能になります。日本国内において、地域に対策を施すネット犯罪の相談できる受け付け窓口の問い合わせ先を調べてみましょう。

然るべき機関に直接相談も効果的です

直接的に行政機関に赴いて、面談することもできます。そうした場合には証拠として、インターネット上に記載された部分を、しっかりと印刷して持って行くと、円滑に取り組んでくれます。直接的に行くのが気掛かりであれば、ネット犯罪の窓口に電話などで連絡を入れておくと、心理的にゆとりが生じると考えられます。被害が拡大しない内に、スピーディーにしかるべき所に相談を持ち掛けることが、将来的なことも考えて最適と考えられます。

SNSサイトで一番効果的な誹謗中傷対策は、アカウントに制限をかけて自分で設定した特定の範囲内で使用する事が最も効果的です。